足痩せ効果を損なう間違いだらけのウォーキングに要注意

足痩せ効果を損なう間違いだらけのウォーキングに要注意

質問

一生懸命ウォーキングしているのですが足痩せが実現できません。何が原因でしょうか?

 

回答

ウォーキングというのは健康にも良いですし、脚痩せやセルライト対策にも効果があることで知られています。

 

ただ、ウォーキングをするにしても、正しいウォーキングを実施しない限り足痩せ効果は期待できません。多くの女性が間違ったウォーキングをしている恐れがありますのでその原因を説明します。

 

姿勢が悪いままのウォーキング

姿勢が悪いままウォーキングをすると、足痩せの効果は著しく阻害されてしまうということには注意が必要です。どんな美しい顔の女性であっても、姿勢が悪いとスタイルも良くないですし、足が短い女性と見られてしまうことさえあります。

 

そして姿勢の悪いままのウォーキングによって、体の重心がズレてしまって、骨盤が曲がり、足はO脚になり、脂肪がつきやすい足になってしまいます。ですので正しいウォーキングをするにあたり、まず目線は30メートル程度先を見て、アゴを引いて、真っ直ぐとウォーキングするようにしましょう。そしてできればやや早歩きをするようにすると良いでしょう。

 

歩くたびに、足やつま先がポンプのような役割を果たして、血流やリンパの流れを良好化させ、脂肪燃焼効果が期待できます。

 

ハイヒールでのウォーキング

ハイヒールを履いている女性というのは、とても足が細くて長くてキレイな女性を連想するかと思います。しかしハイヒールを実際に履いたことがある人は気付いているかもしれませんが、足を痛めたり、むくんだり、腰が痛くなったりというひどい目に遭ったことがあるのかもしれません。

 

実はハイヒールというのは足が細くなるどころか、足痩せを阻害する原因となっているというのは盲点なのではないでしょうか?ハイヒールというのは足首が曲がりにくいという性質があり、筋肉が上手く動かず、余分な水分が下半身に蓄積されたままになってしまう環境を作り出してしまいます。

 

筋肉が上手く動かなければ脂肪は燃焼させることができないので、当然足に脂肪がどんどん蓄積されてしまいます。ですのでしっかいと足首を曲げることができるような履きやすい靴を履くようにしましょう。