太ももに脂肪が溜まる原因となる脂肪細胞の受容体についての解説です。

太ももに脂肪が溜まる原因とは?

ダイエットをしたけれど、肝心な太ももが細くならない、ヒップにセルライトが蓄積して全然痩せないという悩みを抱えている下半身デブで悩む女性が非常に多いというのが現状です。

 

ズボンを履いているため一見足は太っていないように見えても、ズボンを脱いでよく見てみると、太ももが異様なほどブクブク太っていたり、ふくらはぎがパンパンになっていることに気付かされるという事はよくあることです。そして足のむくみ、冷え性、生理不順などの症状が同時に発症して悩むという女性が後を絶ちません。

 

これらの症状は一見下半身デブと無関係に思えるかもしれませんが、体のバランスの崩れがさまざまな体内の臓器に悪影響を及ぼしているというのは事実です。多くの女性が悩む下半身デブというのは、男性より女性の方が脂肪が下半身に蓄積されやすいという性質がある結果起こることです。

 

糖質や脂肪分が含まれた食事をすることによって、体には脂肪組織に蓄積されるのですが、男性と女性によって脂肪の蓄積されやすい部位が異なります。

 

男性の多くは、お腹や心臓、消化管の周囲に蓄積されやすいのに対して、女性は、腰、おしり、太ももに脂肪が蓄積されやすいという特徴があります。また脂肪細胞には受容体が存在し、脂肪のコントロールをしています。この受容体には脂肪を蓄積させるタイプと、脂肪を放出させるタイプの受容体があり、内のどの部位に存在するかによって、どこに脂肪がつきやすいか又は脂肪を放出しやすいかが決定されます。

 

女性というのは、脂肪を蓄積させる受容体が下半身に多く、しかも脂肪を蓄積させる受容体の数6個に対して脂肪を放出する受容体はたったの1個という差があるため、足痩せが非常に困難な特質があるというわけです。よくダイエットでありがちなリバウンドというのも女性は上半身はなんとか痩せることができたとしても、どうしても下半身だけは痩せないという理由もこの特質が原因です。